個人で受けるがん検診

がん検診には個人で受ける検診と市町村や会社単位で受診する検診とがあります。市町村や会社で行われる検診は一年に一度の健康診断と合わせて行わられることも多く、多くの方が受診しています。
しかし、集団検診で検査されるがんの種類は5つであり、少ないと考える方も多いようです。



集団検診では厚生労働省が指定している5つのがん、胃がん、大腸がん、肺がん、子宮頸がん、乳がんのみを検診することが多く、他の部位については別途個人で検診を受けることが求められます。

そのため、個人で受けるがん検診が人気が出ています。個人向けのがん検診は人間ドックとセットになっている場合もありますが、単独で用意されている場合も増えています。

個人向けのがん検診で多いのは日帰りコースです。

日帰りのがん検診ではX線やMRI、CTなど各種検査機器を使い、血液検査も合わせて複合的な検診が行われます。
個人向けの検診の特徴は検査項目の多さです。

がん検診の発見率について知りたい方のお手伝いをします。

集団検診では最低限の検査は行われますが、万全というには物足りない検査と言われています。
個人向けの検診ではX線やCTなどによる画像診断の他に腫瘍マーカーと呼ばれる血液中の特殊な物質を調べる検査も同時に行われることが多いです。



特に腫瘍マーカーについては部位に限らず、体内のがん細胞の多さを調べることができると注目されている検査です。個人向けの検診ではこの他、集団検診では行われない部位についても個別に調べることが出来るのも好評です。